今月の農作業(2月)柑橘

JAありだ営農指導課

はじめに

作業の省力化・軽労働化を図るため、園地の基盤整備をしましょう。園内作業道を設置するほか、園地の緩傾斜、平坦化に努めましょう。

また、先月に引き続き、土づくりを行っていない園地は早めに実施し、土壌環境の改善に取り組みましょう。


改植の準備

老木園や適地適作でない園地は品質と収量を十分に得ることができません。そのような園地は改植を行いましょう。

改植を予定されている園地は伐採や植え穴掘りなどの準備を進めて下さい。植え穴は早い時期に掘り、有機物と石灰を投入し土になじませておきましょう。

植え穴を掘る際は、成木になった時に樹間がどの程度の幅になるかを十分に考慮して、植栽間隔を決定しましょう。

密植園の間伐

樹間が狭い園地では樹の枝がぶつかり合い、日当たりが悪くなります。そのため、樹の内側の日照不足による枯れ枝の増加、果実の着色不良や品質不良、薬剤の掛けムラによる病害虫の多発や作業効率の悪化につながります。その様な園地では剪定作業前に必ず間伐を行いましょう。

防寒・防風対策

冬季に寒害や強風の影響を受けやすい園地では、旧葉の落葉や春先に枝枯れが発生する恐れがあります。

樹全体を不織布や防風網等で被覆するなどの防寒・防風対策を行って下さい。また防風ネットの設置園ではネットの修繕等の対策も行いましょう。

土づくり

マルチ被覆やフィガロンの散布は高品質果実生産のために必要であり、除草剤の散布も年間を通じて必要な管理作業です。しかし、これらの連年被覆・散布や中耕作業の不実施の影響により、根の発育抑制や細根の枯死が起こり、樹勢の低下している樹が多く見受けられますので、負担をかけてきた樹に対して樹勢回復対策を行って下さい。

自園の土壌分析などで的確な土壌状態を把握し、必要に応じて堆肥等有機質資材や石灰資材の施用、中耕作業を行い健全な土壌にしましょう。

今月の農作業(2月)柑橘


■有機質資材

理想とする土壌の構造は、固相(土)・液相(水)・気相(空気)の三相分布の比率が4:3:3であることが作物を作っていくうえで理想とされています。

有機質資材を施用することで、【図1】のような団粒構造になり、土の粒子に隙間ができ保水性や通気性が良くなり、細根の増加や活力を高め、肥料流亡の少ない肥えた土壌となります。

腐植とは土壌に含まれる有機物のことで、保肥力の増大や通気性・排水性を良くし、団粒構造を発達させる役割などがあります。しかし、樹が養分として吸収したり、時間の経過により有機物が分解されるため、腐植が減少します。

そのため堆肥を10a当たり2トン程度、ふりかけ堆肥ecoで10a当たり200キロ、アズミンの場合は10a当たり40キロ~60キロ施用し、腐植を増やし肥料成分の分解されやすい土壌にしましょう。

【図1】堆肥等有機質資材の施用による効果(単粒構造と団粒構造)
今月の農作業(2月)柑橘

■石灰資材

柑橘の適正pHは5.0~6.0とされていますが、近年降水量が平年に比べて多いことで、土壌が酸性化している園地が多く見受けられます。また【図2】のようにpH4.5以下の強酸性土壌やpH8.5以上のアルカリ性土壌だと、それぞれの土壌養分の吸収率が異なり、過剰症や欠乏症を招く恐れがあります。

酸性土壌の園地では、石灰資材(苦土石灰・セルカ等)を施用して、適正土壌に改良しましょう。苦土石灰で10a当たり7袋程度、苦土セルカ2号で10a当たり8袋程度が目安です。

【図2】土壌のphと肥料養分の吸収性
今月の農作業(2月)柑橘

ページトップへ

  • JAありだの自己改革
  • 今月の農作業(柑橘)
  • Instagram
  • Facebook
  • from Wakayama,Japan‘s mikan contry(Arida mikan/ENGLISH)~日本みかんの里 和歌山から 有田みかん~
  • 組合長のご挨拶
  • ミカピーのご紹介
  • ミカピーの『よい食クイズ』
  • ありだ写真アルバム
  • オンラインショッピング ECサイトへ
  • 直売所ありだっこ 詳細はコチラ
  • 特産レシピ
  • 食農教育の取り組み
  • JAありだ女性会
  • JAの活用術
  • 困ったときの連絡先
  • いま、JAバンクで新たに給与受取口座を指定すると松下奈緒さんのQUOカード5,000円分プレゼント!詳しくはこちら
  • JAネットローン
  • ATM稼働時間一覧
  • ATM・JAネットバンク等のサービスを一時休止させていただきます。
  • ちゃぐりんキッズスクール
  • 組合員・利用者さま本位の業務運営に関する取組方針
  • 利益相反管理方針
  • 金融商品の勧誘方針
  • 金融円滑化への取組み
  • 反社会的勢力対応にかかる基本方針
  • 休眠預金活用法に関するお客様へのお知らせ
  • 「つみたてNISA」対象ファンドの選定理由について
  • 行動計画
  • 女性活躍推進法に基づく行動計画
  • 金融ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • 共済ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • JAバンクメールオーダーシステム
  • JAのはじめて共済
  • ココ・カラ。和歌山
  • みんなのよい食プロジェクト
  • サイトマップ
  • リンク集
  • ご利用にあたって
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針

Copyright (C) 2018 JA ARIDA. All Rights Reserved.