今月の農作業(8月)柑橘

JAありだ営農指導課

水分管理

 高品質なミカンを作っていくうえで、7月からの水分管理が重要なポイントとなってきます。
 時期別に合わせた水分管理を行い、高品質のみかんを作りましょう。

時期別水分管理

●7月中旬~8月中旬

 新梢が緑化し旧葉とともに光合成産物(糖分)を盛んに果実に送り込む時期です。この時期に十分糖度を高めておかないと収穫期に糖度が低くなりますので、適度な水分ストレスを与えましょう。
 ただし過度の乾燥は、光合成能力の低下・表層細根が枯死し、品質の悪化・樹勢低下につながるため、樹の状態を観察しながら、明け方に葉が巻いている状態であれば1回につき10アール当たり10ミリ程度かん水を行いましょう。

●8月下旬~9月中旬

 この時期は果実が急速に肥大し、クエン酸の分解が始まるので酸度が急減します。この時期に樹を乾燥させると果実肥大が鈍り、クエン酸の分解が進まないため収穫期に小玉・酸高の原因となります。
 明け方に葉が巻いている状態であれば1回につき10アールあたり20ミリ程度かん水を行いましょう。

●9月下旬以降

 果実の成熟とともに糖度が高まり、果実肥大と減酸が緩やかに進み、葉で光合成された糖分が果実に送り込まれる時期です。さらに水分ストレスをかけて、増糖効果を高めましょう。
 この時点でマルチ敷設をしていない園地でも、秋期は多雨傾向ですので、収穫まで期間は短いですが、マルチにより乾燥させ品質の低下を防ぎましょう。

摘果

●品質重視の摘果

 結果側枝の角度は果実品質に影響します。
 早期に摘果し着果負担がかからず、なかなか下垂しない枝よりも、肥大初期に水平で着果負担をかけつつ果実肥大が進むにつれて下垂する「水平枝」が、一番果実品質が優れています。
 早生以降の品種では、摘果の割合を後期に高め、着果ストレスをかけることにより高品質化が期待できる、品質重視の摘果に取り組みましょう。
 品質重視の摘果として着果ストレスに重点をおくあまり、収穫時点で摘果不足(小玉果化)になってしまっては意味がありません。
 今年は、着果過多の樹が多い傾向ですので、粗摘果として日当たりの悪いスソ・フトコロ部の果実は全摘果し、単純な摘果遅れにならないよう注意しましょう。


【写真】9月初旬の理想的な着果状態(早生)
(果実肥大に伴い結果側枝が下垂、果実も下を向いており、果皮はつやがあり、ゴツゴツしていない。)
病害虫防除

 主な防除は、黒点病・チャノキイロアザミウマ・ゴマダラカミキリ・ミカンハダニ等です。
 先月のページ、及び「JAありだ2018年柑橘類防除基準」を参考にして下さい。

ページトップへ

  • JAありだの自己改革
  • 今月の農作業(柑橘)
  • Instagram
  • Facebook
  • from Wakayama,Japan‘s mikan contry(Arida mikan/ENGLISH)~日本みかんの里 和歌山から 有田みかん~
  • 組合長のご挨拶
  • ミカピーのご紹介
  • ミカピーの『よい食クイズ』
  • ありだ写真アルバム
  • オンラインショッピング ECサイトへ
  • 直売所ありだっこ 詳細はコチラ
  • 特産レシピ
  • 食農教育の取り組み
  • JAありだ女性会
  • JAの活用術
  • 困ったときの連絡先
  • 年金口座はJAバンクがお得!!
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットローン
  • ATM稼働時間一覧
  • ちゃぐりんキッズスクール
  • 組合員・利用者さま本位の業務運営に関する取組方針
  • 利益相反管理方針
  • 金融商品の勧誘方針
  • 金融円滑化への取組み
  • 反社会的勢力対応にかかる基本方針
  • 休眠預金活用法に関するお客様へのお知らせ
  • 「つみたてNISA」対象ファンドの選定理由について
  • 行動計画
  • 女性活躍推進法に基づく行動計画
  • 金融ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • 共済ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • JAバンクメールオーダーシステム
  • JAのはじめて共済
  • ココ・カラ。和歌山
  • みんなのよい食プロジェクト
  • サイトマップ
  • リンク集
  • ご利用にあたって
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針

Copyright (C) 2018 JA ARIDA. All Rights Reserved.