今月の農作業(4月)柑橘

JAありだ営農指導課

品種更新〜何をつくるか?

老木園や品質不良園では計画的に品種の更新を行いましょう。品種構成が悪いと、摘果や剪定、収穫などの作業が適期に行えず、高品質な果実を生産することは難しいです。自家労力を十分に考慮し、それに合った品種構成にしましょう。また、適地適作が基本です。品種の特性を理解し、園地に合った品種を選んでください。近年は温暖化などの影響で夏場の高温・強日射や秋の高温多雨により、ゆら早生を除く極早生品種や向山温州では糖度が低いことや浮皮などの果皮障害の発生が多いことから栽培が厳しくなってきている園地もあります。気象も昔とは大きく変わってきているということも踏まえて品種を決定してください。

苗木の定植について

苗木の定植の1番よい時期は3月下旬〜4月上旬の発芽前です。定植の際は、最終的な樹形や樹の幅、配置をイメーして植栽間隔を決定してください。植える時の注意点としては根を乾燥させると活着が悪く、樹勢を低下させることがあります。作業は丁寧に行いましょう。また、深植は根腐れをおこし、生育不良につながります。接ぎ木部が土に埋もれないようにしてください。定植後は支柱を立てて、苗木が強風で動かないように誘引し、土壌を乾燥させないように十分にかん水しましょう。株元にココピートバンなどを施用することによって保湿効果と株元の草を生えにくくする効果があり、効率的です。梅雨入りまで晴天が続く場合は10日間隔を目安にかん水しましょう。

こういうものもあります!

苗木の管理で水は絶対に不可欠なものです。しかし、乾燥しやすい園地や水を与えにくい山の上では、苗木を定植しても、梅雨期までの乾燥や夏場の乾燥により樹勢が低下してしまうことがあるかと思います。そのような場所では土壌保水剤(商品名・サンフレッシュGT-1)を入れることも手段かと思います。特徴としては水分を含むと300〜400倍に膨らみゼリー状になります。多くの水を吸収・保持するため、土壌の保水性を大幅に向上させることができます。使い方はサンフッシュ約50gを土によく混ぜてから苗木を植付けます。このような資材もあるので是非活用してみてください。

主枝候補を決める!

前回の剪定の話しで書いたように樹形はシンプルなほうがよいと思います。しかし、2年生の苗木を定植した時にはすでに、主枝数は4〜5本あることがあります。図3をみてもらうと主枝は5本あります。このまま全ての主枝を切らずにおいておくと樹は複雑になっていきます。ですから、主枝候補を決め、それ以外を減らしていく必要があります。この場合、3本主枝で仕立てるなら、バランスをみながら(2)・(3)・(4)を主枝候補とします。(1)と(5)は切除しますがここで注意点があります。それは一気に枝を整理しすぎないことです。一気に枝を整理すると樹勢が低下することがあり、樹が大きくならないことがあります。また、主枝候補が脱落した時にスペアとしても利用できます。1年に1本など徐々に減らしてください。

芽の管理について

芽かき、摘心も重要です。摘心は主枝の先端のみ行ってください。強くなりやすい内向枝や同じ個所から何本も発生している新芽は1本にするなど芽かきを行いましょう。これらを新梢が発生するごとに行います。また、防除を徹底し新芽を守ってください。理想は10日に1回です。下草が多いと害虫の発生も多い傾向にあるので、草管理も大切です。手間がかかりますが苗木を正しく、大きくするために手をかけてあげてください。

病害虫防除

■ハダニ、カイガラムシ類冬期にマシン油乳剤を散布していない場合は、発芽までに夏用マシン油乳剤60〜80倍を散布しましょう。

■そうか病
 日照不良の谷間の園や風通しの悪い園などでは発生が多いため、間伐など園内環境の改善に努め、発生を予防しましょう。防除時期は発芽直後(4月上・中旬頃)にデランフロアブル1000倍もしくはトップジンM水和剤1000倍を散布しましょう。

■かいよう病
 去年、発生が多かった園地は特に注意してください。最初の防除がポイントです。発芽前ではICボルドー66D40倍加用アビオンE1000倍を散布しましょう。
※アビオンE1000倍を加用する事で薬害軽減と効果を安定させることにもつながります。
※ICボルドー66Dとマシン油乳剤との散布間隔は14日ですので散布する際は注意しましょう。

春肥の施用

春肥は春梢の充実・幼果の発育に利用されることから、生育の重要な養分になります。樹勢や着花予測を考慮し、園地・樹に応じて3月中旬〜4月上旬に施用しましょう。また、施用後に降雨がなければ肥料の遅効きの原因となりますので、かん水をしましょう。

ページトップへ

  • 農家川柳(有田版)
  • 今月の農作業(柑橘)
  • Instagram
  • Facebook
  • JAありだの自己改革
  • from Wakayama,Japan‘s mikan contry(Arida mikan/ENGLISH)~日本みかんの里 和歌山から 有田みかん~
  • 組合長のご挨拶
  • ミカピーのご紹介
  • ミカピーの『よい食クイズ』
  • ありだ写真アルバム
  • オンラインショッピング ECサイトへ
  • 直売所ありだっこ 詳細はコチラ
  • 特産レシピ
  • 食農教育の取り組み
  • JAありだ女性会
  • JAの活用術
  • 困ったときの連絡先
  • 便利なJAネットバンクをご紹介します
  • 10月からキャッシュレス決済で最大5%還元がスタート!
  • 年金口座はJAバンクがお得!!
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットローン
  • ネットローンスタートアップキャンペーン
  • ATM稼働時間一覧
  • ちゃぐりんキッズスクール
  • 組合員・利用者さま本位の業務運営に関する取組方針
  • 組合員・利用者様本位の業務運営に関する取組状況およびKPI実績値の公表について
  • 利益相反管理方針
  • 金融商品の勧誘方針
  • 金融円滑化への取組み
  • マネー・ローンダリング等および反社会的勢力等への対応に関する基本方針
  • 休眠預金活用法に関するお客様へのお知らせ
  • 「つみたてNISA」対象ファンドの選定理由について
  • 行動計画
  • 女性活躍推進法に基づく行動計画
  • 金融ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • 共済ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • 口座開設・住所変更のお手続きはこちら
  • JAネットバンク
  • JAのはじめて共済
  • ココ・カラ。和歌山
  • みんなのよい食プロジェクト
  • サイトマップ
  • リンク集
  • ご利用にあたって
  • 採用情報
  • FAQ(よくあるご質問)
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針

Copyright (C) 2019 JA ARIDA. All Rights Reserved.