今月の農作業(7月)柑橘

JAありだ営農指導課

摘果について

摘果作業により着果量を適正(葉果比20〜25枚)にすることで隔年結果防止や、果実肥大を促進します。また、果実の外観や果実内容に大きな影響を与えます。

摘果には粗摘果と仕上げ摘果、樹上選別があります。摘果量の目安は粗摘果で20〜30%、仕上げ摘果で70〜80%とし、最後の樹上選別で摘果できなかった日焼け果や大玉果などを落とします。これらの摘果を別々のものとして捉えるのではなく、連動しているものとして考えて下さい。良い粗摘果をすれば、良い仕上げ摘果に繋がります。

その上、重要なのは徐々に適正な着果量に近づけていくということです。夏場の干ばつや秋期の温暖多雨などの影響により、段取りだけを考えた早期摘果では様々な弊害が生じます。今後、品質の高い果実を生産するためには摘果の方法やタイミングが非常に重要です。

粗摘果

着果の少ない樹は粗摘果は控えめにし、仕上げ摘果に重点を置いて下さい。着果量が多い樹は2次生理落果終了後の7月上中旬から粗摘果を始めて下さい。

表面の果実はこの時点で外観の善し悪しは判断することができますが、果実内容を判断することは非常に難しいため、品質の上がる可能性がある表面の果実はさわらず、まずは確実に品質が向上し難いスソ、フトコロの果実を徹底して摘果して下さい。(図1)樹冠内部の果実は日当たりが悪く、薄い緑色をしているので分かりやすいはずです。(図2)

高品質なみかんを生産するためには果実を下垂させることが重要です。粗摘果で表面の果実を落としすぎると、果実を下垂させるための「重り」が少なくなるとともに果梗枝が太くなることで果実が下垂しにくい状態になります。こうなると果実は大玉になり、糖度も上昇し難くなります。また、夏場の強日射や降雨から守るための葉が果実の上に無い状態となり、浮皮やクラッキングといった果皮障害の発生リスクが高まります。日光が当たれば当るほど良いみかんができるイメージがありますが、当り過ぎは良くないのです。あくまで最初は日光によく当たり、仕上げ摘果を行う時点で果実が下垂し、葉裏に隠れている状態が良い状態です。成熟期及び収穫後も果実品質を高く保つためにはこれがポイントになってきます。粗摘果では樹全体の20〜30%を目安にスソ、フトコロを中心に行い、表面の果実は仕上げ摘果で落とすようにして下さい。

強い粗摘果は隔年結果を助長する?

隔年結果と摘果の関係性は大きいです。果実を早い段階から落とせば落とすほど隔年結果になりにくいイメージがありますが、本当にそれは正しいのでしょうか?隔年結果をさせないことや、仕事の段取りを考えて、早い段階から強い粗摘果を行えば果実の肥大は順調に進んでいきます。しかし、ここで問題が発生します。それは果実が肥大し過ぎることです。近年は秋に雨が大量に降る傾向があり、肥大が順調な上に大量の降雨をうけることで果実の肥大はさらに加速します。その結果、仕上げ摘果に取り掛かる時には既に階級がある程度できあがってしまい、これ以上肥大することを考えると仕上げ摘果が行えない状態に陥ります。こうなると、着果過多状態で収穫を迎え、影響により来年の着果量は少なくなります。このパターンは多く見られ、こうならないためにも粗摘果ではなく、仕上げ摘果で多くの果実を落とす必要があります。仕上げ摘果が十分にできるような着果状態にしておくことが大切です。

病害虫防除

※薬剤・倍数は「2019年柑橘防除基準」を参考にして下さい。

●黒点病
 黒点病の菌は、枯れ枝などに潜んでおり、温度の上昇と降雨によって急激に増殖します。
 梅雨期は発生が多くなります。前回に散布から200〜250ミリを超えた場合や20日を過ぎた場合は効果が劣り、再散布が必要になります。天候に合わせて柔軟に対応し、必要ならば散布時期を早めることや再散布を行うことが重要となってきています。

●チャノキイロアザミウマ
 マキ・サンゴ樹などの防風樹や柑橘樹の新梢へ飛来し果実へ被害を及ぼします。6月中下旬頃から果実への加害が多くなる傾向にあります。営農センター等の発生予察情報・一斉防除情報を参考に防除しましょう。

●サビダニ
 発生が早い園地では6月中下旬頃から加害を始めます。昨年発生がみられた園地では、今年も発生する可能性が高いので予防的な防除が必要です。

●ゴマダラカミキリ
 幼虫は樹体内で越冬し、成虫は一般的に6月中旬頃から発生します。羽化した成虫は一週間程度枝を食害し、その後樹の株元に産卵を開始します。樹冠部だけでなく、幹にもしっかり散布しましょう。

ページトップへ

  • 農家川柳(有田版)
  • 今月の農作業(柑橘)
  • Instagram
  • Facebook
  • JAありだの自己改革
  • from Wakayama,Japan‘s mikan contry(Arida mikan/ENGLISH)~日本みかんの里 和歌山から 有田みかん~
  • 組合長のご挨拶
  • ミカピーのご紹介
  • ミカピーの『よい食クイズ』
  • ありだ写真アルバム
  • オンラインショッピング ECサイトへ
  • 直売所ありだっこ 詳細はコチラ
  • 特産レシピ
  • 食農教育の取り組み
  • JAありだ女性会
  • JAの活用術
  • 困ったときの連絡先
  • 便利なJAネットバンクをご紹介します
  • 年金口座はJAバンクがお得!!
  • JAネットローン
  • ネットローンスタートアップキャンペーン
  • ATM稼働時間一覧
  • ちゃぐりんキッズスクール
  • 組合員・利用者さま本位の業務運営に関する取組方針
  • 組合員・利用者様本位の業務運営に関する取組状況およびKPI実績値の公表について
  • 利益相反管理方針
  • 金融商品の勧誘方針
  • 金融円滑化への取組み
  • マネー・ローンダリング等および反社会的勢力等への対応に関する基本方針
  • 休眠預金活用法に関するお客様へのお知らせ
  • 「つみたてNISA」対象ファンドの選定理由について
  • 行動計画
  • 女性活躍推進法に基づく行動計画
  • 金融ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • 共済ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • 口座開設・住所変更のお手続きはこちら
  • JAネットバンク
  • JAのはじめて共済
  • ココ・カラ。和歌山
  • みんなのよい食プロジェクト
  • サイトマップ
  • リンク集
  • ご利用にあたって
  • 採用情報
  • FAQ(よくあるご質問)
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針

Copyright (C) 2019 JA ARIDA. All Rights Reserved.