今月の農作業(3月)柑橘・水稲・梅

JAありだ営農指導課

柑橘

樹相(樹体条件)に応じた剪定

弱剪定を基本とした剪定方法を考え、実施して下さい。近年は気象変動等の影響を受け、花と新梢のバランスが崩れてしまい、隔年結果を起こしている樹が多いと思います。しかし、剪定で隔年結果を是正しようとしたり、理想の樹形に近づけようとして無理な剪定をしてしまうと、さらに隔年結果がひどくなったり、果実品質や収量の低下に繋がる可能性があるため、1年で修正しようとせずに、出来る範囲で行って下さい。また、園地状況や樹の状態を確認し、目的を持って樹相に応じた剪定を行ってください。整枝・剪定で良い枝を活かせるような樹形にし、高品質生産を可能にしましょう。

確認ポイント(整枝・剪定する枝)
  1. 主枝が立っているか
     主枝が果実の重み等で倒れると主枝の背から徒長枝や内向枝が発生します。そのような枝は果実品質が上がりにくく、果皮障害が発生しやすく、樹形の乱れや品質の上がりにくい樹の原因となるため、主枝は常に立てておく必要があります。
  2. 力枝の有無
     力枝とは地際から出ている強い枝のことです。枝としての勢いが強すぎるため、本来活かしたい主枝が負けて弱ってしまい、亜主枝や側枝が伸びなくなってしまいます。また、力枝に着果した果実は大きくなりすぎ、糖度が上がりにくい傾向があります。
  3. 主枝の本数(3本までがベスト)
     主枝が4本以上あると枝が混み合うので日当たりが悪くなり、亜主枝や側枝が育ちにくくなります。主枝は3本以内にしましょう。
  4. 主枝・側枝から出た立ち枝の有無
     立ち枝は、果実品質が上がりにくい上に果皮障害が発生しやすい傾向です。立ち枝や徒長枝が大きくなるということは、本来の枝の養分が奪われ、弱り枯れていくということになります。それを繰り返すと高品質生産は徐々に難しくなっていきます。そのため、立ち枝や立った成り跡等は早めに基部から間引きましょう。

表年樹の剪定

前述のような力枝の整理など大きい単位での処理を行い、樹形を整える整枝として下さい。着花過多が予想されるため新梢を確保したいところですが、むやみに剪定しても新梢の発生が少なくベタ花は解消されず旧葉も失ってしまうので、剪定は行わず開花期以降の摘蕾・摘果を中心に行い隔年結果を是正させて下さい。

裏年樹の剪定

裏年樹に関しては、強く伸びる新梢の発生源となる立った成り跡の整理が中心となります。この作業は時間がかかりますので時期が遅れることなく計画的に実施しましょう。発芽期以降、芽かき・かぶさり枝の除去をして下さい。新梢との養分競合が抑えられ、生理落果を軽減し着果率向上につながります。

連年結実樹の剪定

花と新梢のバランスが取れた連年結実樹に関しては、間引き中心の弱剪定で行って下さい。整枝する枝は、内向枝、立ち枝、下垂枝を基本とし、樹高を調整するときは主枝を切り下げて下さい。亜主枝や側枝を水平にし、日当たりの良い樹形を作ることで葉数が増え、品質が上がりやすくなります。しかし、勢いのある枝を何本も切ってしまうと徒長枝が発生し、バランスが崩れてしまう可能性があるため注意が必要です。

水稲

土壌改良の重要性

水稲栽培は、高品質かつ安定多収が目標であり、これを実現するために窒素の持続的供給と塩基の供給により後期登熟を良好にする必要があります。窒素の持続的供給を図るために、稲わらの全量還元、有機資材の施用等で地力窒素を高めて下さい。また、ケイ酸・石灰等の施用は土壌改良効果が高いですが、それらの含鉄資材の施用が少ないのが現状です。近年、温暖化により登熟不良が生じ、乳白米等の増加により1等米比率が低下していますので、ケイ酸資材の施用による土づくり対策が重要です。

ケイ酸の効果について

水稲はケイ酸を多量に吸収します。三要素(窒素・リン酸・カリ)のひとつである窒素で比較するとケイ酸は約10倍で吸収され、ケイ酸の水稲に対する効果は【光合成能力の向上】【株張りの向上】【いもち病などの耐病性の強化】【耐倒伏性の向上】であり、これらの効果は、登熟の向上に結びついており、ケイ酸が担う役割は非常に大きくなっています。
 これらのことから、『米づくりは土づくり』と言えますので、適切な土壌管理を行い、高品質な水稲栽培を実践して下さい。

土壌改良資材

農力アップ⇒10a当り100kgまたは、とれ太郎⇒10a当り60kg、施用時期:刈取り後から代掻きの2週間程度前までに施肥して耕起して下さい。

病害虫防除

●かいよう病3月上中旬
 ICボルドー66D…50倍(葉芽発芽前)

かいよう病は、3月上旬から4月上旬にかけて枝に新たな病斑を形成し、葉では発芽展葉直後から感染します。果実への感染時期は4月上旬から5月上旬です。強風雨により感染が助長されますので注意して下さい。

低温対策

開花・受精後から幼果期にかけて降霜・低温による被害が度々見られます。降霜・低温被害を防止・軽減するため、冷気が停滞する園地では風通しを良くする対策を行いましょう。また、下草が繁茂していると地温上昇を抑制するので、短く刈り込みましょう。

ページトップへ

  • 農家川柳(有田版)
  • 今月の農作業
  • Instagram
  • Facebook
  • JAありだの自己改革
  • from Wakayama,Japan‘s mikan contry(Arida mikan/ENGLISH)~日本みかんの里 和歌山から 有田みかん~
  • 組合長のご挨拶
  • ミカピーのご紹介
  • ミカピーの『よい食クイズ』
  • ありだ写真アルバム
  • オンラインショッピング ECサイトへ
  • 直売所ありだっこ 詳細はコチラ
  • 特産レシピ
  • 食農教育の取り組み
  • JAありだ女性会
  • JAの活用術
  • 困ったときの連絡先
  • JAネットバンク
  • 便利なJAネットバンクをご紹介します
  • もっと身近に。JAバンクアプリ
  • JAカード新規加入キャンペーン
  • Pay-easy(ペイジー)口座振替受付サービス
  • 年金口座はJAバンクがお得!!
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットローン
  • ATM稼働時間一覧
  • ちゃぐりんキッズスクール
  • 組合員・利用者さま本位の業務運営に関する取組方針
  • 組合員・利用者様本位の業務運営に関する取組状況およびKPI実績値の公表について
  • 利益相反管理方針
  • 金融商品の勧誘方針
  • 金融円滑化への取組み
  • マネー・ローンダリング等および反社会的勢力等への対応に関する基本方針
  • 休眠預金活用法に関するお客様へのお知らせ
  • 「つみたてNISA」対象ファンドの選定理由について
  • 行動計画
  • 女性活躍推進法に基づく行動計画
  • 金融ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • 共済ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • 口座開設・住所変更のお手続きはこちら
  • JAのはじめて共済
  • ココ・カラ。和歌山
  • みんなのよい食プロジェクト
  • JAグループ和歌山農業求人サイト「わかやまの農業で働こう!」
  • サイトマップ
  • リンク集
  • ご利用にあたって
  • 採用情報
  • FAQ(よくあるご質問)
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針

Copyright (C) 2020 JA ARIDA. All Rights Reserved.