金融事業について

 農業者が生産した農産物をJAが集荷して販売することを販売事業と呼んでいます。農業者が作ったものをどう有利に販売するかは、農業者の所得を高めることになるため、JAのもっとも重要な事業です。農産物の数量をまとめたり、一定レベルの品質に保ちながら安定供給をはかるため、共同販売(共販)をおこなうこともあります。

 販売事業は、市町村段階の各JA・都道府県段階のJA和歌山県農・全国段階のJA全農という、3段階制によって機能・役割の分担が行われ、より有利性を発揮する販売事業が展開されています。

 また、近年消費者の農畜産物に対する安全思考や、食料自給率についての関心が強まっています。それらの声に応えるため、JAグループは一体となり生産履歴記帳をはじめとする安全性の確保や、消費者とのコミュニケーションの促進を通じて、消費者に信頼される安全・安心な国産農産物の生産・流通につとめています。

みかんの選果場について

みかんの選果場とは

 みかん生産農家が、収穫したみかんを持ち寄り、みかんの種類や、大きさ、外観の善し悪しを機械及び手作業で選別(選果)し、市場へ出荷する共同の施設です。 農家が交代で出勤したり、JAの職員や臨時作業員によって、稼働します。 有田地方では、特に温州みかんの出荷最盛期となる11月~12月は休み無しで頑張ります。
選果場=(共同選果場⇒共選)とも言います。

みかんの選果が終わると

 みかんの選果作業が終了すると、その後はっさく、いよかん、ぽんかん、きよみ、セミノールなどの中晩柑類(オレンジ類)の選果作業が続きます。

  また、カンキツ類だけでなく、ウメやキウイフルーツなどの果実も共同で選果し、箱詰めして出荷します。野菜や花なども集荷場で集荷し、出荷します。一部、個々の農家で箱詰めし、出荷・販売だけ共同で行うものもあります。

JAの生産販売事業は

 みんなで栽培方法を考えて、共同でできる農作業は共同で行い、 収穫した農産物は共同で箱詰めして共同で販売する。一人一人の農家が集まって大きな力となり、 農業経営を維持・発展させる。そして消費者の皆様に良いものをお届けする。それが農家の協同(共同)活動です。

  JA(農業協同組合)の生産販売事業は、そのような農業の協同活動を指導したり、お手伝いすることが仕事です。

  • JAありだの自己改革
  • 今月の農作業(柑橘)
  • from Wakayama,Japan‘s mikan contry(Arida mikan/ENGLISH)~日本みかんの里 和歌山から 有田みかん~
  • 組合長のご挨拶
  • ミカピーのご紹介
  • みかぴーの『よい食クイズ』
  • ありだ写真アルバム
  • 特産レシピ
  • 食農教育の取り組み
  • JAありだ女性会
  • JAの活用術
  • 困っとき野連絡先
  • ATM稼働時間一覧
  • ATM・JAネットバンク等のサービスを一時休止させていただきます。
  • Facebook
  • ちゃぐりんキッズスクール
  • 利益相反管理方針
  • 金融商品の勧誘方針
  • 金融円滑化への取組み
  • 反社会的勢力対応にかかる基本方針
  • 行動計画
  • 女性活躍推進法に基づく行動計画
  • 金融ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • 共済ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • JAバンクメールオーダーシステム
  • JAのはじめて共済
  • ココ・カラ。和歌山
  • みんなのよい食プロジェクト
  • サイトマップ
  • リンク集
  • ご利用にあたって
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針

Copyright (C) 2017 JA ARIDA. All Rights Reserved.