JAありだ|私たち、有田みかん大使です。

 有田地域のミカン選果場で構成するJAありだ共選協議会は10月7日、有田川町のJAありだ本所で、有田みかんを全国にPRする「有田みかん大使」の任命式を開きました。初代大使となった5人は、マナー研修や有田みかんの知識研修を受けたあと、今月下旬から2月までの約5ヶ月間、マスコミの取材対応や卸売市場、流通店頭でのPRイベントへの出演、地方でのキャンペーンや式典などでのPR活動をしていきます。

 同協議会は、これまでテレビCMやラジオ放送などのほか、タレントを使ったPR活動を展開してきましたが、新聞社への表敬訪問などより積極的な販売促進活動を行うことで、有田みかんの知名度向上につなげようと今回、大使任命を初めて企画。一般募集したあと、書類審査と同協議会役員や選果場代表者、JA関係者による面接審査で決めました。

 任命式で岩倉常寛協議会長(JAありだ組合長)が「生産者の思いをのせて、有田みかんを全国にPRしてください」と激励したあと、貴志壽夫副協議会長が委嘱状を一人一人に手渡しました。

 有田みかん大使に任命されたのは角屋真由子(20)さん、矢野瑞季(20)さん、小西由峰(21)さん、神谷藍子(22)さん、有本安希(18)さん。5人は「初代有田みかん大使として力を合わせ、大好きな有田みかんの美味しさを笑顔で全国に伝えたいです」と意気込みを話してくれました。



 貴志壽夫副協議会長から、ひとりひとり丁寧に委嘱状を手渡されました。
 5か月間、頑張ってください!(^^)!

 任命式の最後には、有田みかん大使みんなで決意表明をしました。
 はやく、活躍するところを見たいデス♪

 任命式のあと、有田市にある「ありだ共選」を訪れました。
 生産者がミカンを共選に持ち込み、市場へ向けて出荷されるまでの工程を、丁寧に教えてもらいました。
 特にビックリしたのは、ミカンに光を当てるだけで、傷つけずにキレイさや美味しさを判別する機械があること(*_*)

 「すごいぃ~!!」
 思わず、声がでちゃいました♪

 ありだ共選を見学したあと、ミカン園地に連れて行ってもらいました。
 この畑では、全面に真っ白のマルチシートを敷いて完熟出荷しています。シートを敷くことで、ミカンにたくさんの光があたるほか、雨水を遮断します。そして、シートの下に水をやるチューブを通して人工的に水分管理しているので、とっても甘いミカンに仕上がるのです。

 生産者の技術と努力に「へぇ~」(@_@)
 思わず感嘆の声をあげちゃいました♪

  • JAありだの自己改革
  • 今月の農作業(柑橘)
  • Instagram
  • Facebook
  • from Wakayama,Japan‘s mikan contry(Arida mikan/ENGLISH)~日本みかんの里 和歌山から 有田みかん~
  • 組合長のご挨拶
  • ミカピーのご紹介
  • みかぴーの『よい食クイズ』
  • ありだ写真アルバム
  • 特産レシピ
  • 食農教育の取り組み
  • JAありだ女性会
  • JAの活用術
  • 困っとき野連絡先
  • JAネットローン
  • ATM稼働時間一覧
  • ATM・JAネットバンク等のサービスを一時休止させていただきます。
  • ちゃぐりんキッズスクール
  • 利益相反管理方針
  • 金融商品の勧誘方針
  • 金融円滑化への取組み
  • 反社会的勢力対応にかかる基本方針
  • 休眠預金活用法に関するお客様へのお知らせ
  • 行動計画
  • 女性活躍推進法に基づく行動計画
  • 金融ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • 共済ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • JAバンクメールオーダーシステム
  • JAのはじめて共済
  • ココ・カラ。和歌山
  • みんなのよい食プロジェクト
  • サイトマップ
  • リンク集
  • ご利用にあたって
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針

Copyright (C) 2017 JA ARIDA. All Rights Reserved.